レディー

化粧品輸入代行業者に任せれば問題なし!|ノウハウが無くても大丈夫

輸入代行の流れ

化粧

化粧品の輸入は、化粧品輸入代行業者に委託しましょう。薬事法の輸入可否判断や交渉代理、納品に至るまで、化粧品輸入におけるあらゆる作業を請け負ってくれます。化粧品輸入代行業者は国内に何社もあるので、情報収集をしながら信頼のおける会社を見つけましょう。基本的に、会社として確かな実績があり、また誠意のある対応をしてくれるところを選ぶようにしましょう。依頼するところが決まったら問い合わせをし、担当者と直接会って輸入したい化粧品の内容や数量などに関するやり取りを行ないます。それが済んだら、代行業者が化粧品の処方確認や成分分析などを行ない、輸入できるかどうかのチェックをします。輸入OKだと分かったら、すぐに業者側の担当者が海外の仕入先と価格や数量、薬事法などに関する取り決めを行ない、発注をかけます。ここまで来たらあとはトントン拍子に進んでいきます。海外仕入先からの現地国内物流や海外現地港から日本までの国際物流のアレンジは、全て代行業者側がやってくれるので、依頼先は日本で輸入化粧品が届くのを待つだけです。日本に届いた輸入化粧品は、輸入通関手続きが行なわれ、代行業者が管理している倉庫へ入庫された後、検品や写真撮影などに入ります。依頼先に送る前に業者側が法定ラベルのラベリングや梱包などをやってくれるので、届いたときには既に化粧品として出来上がった状態となっています。これが化粧品輸入代行業者に化粧品輸入代行を依頼したときの一連の流れとなります。