男の人

化粧品輸入代行業者に任せれば問題なし!|ノウハウが無くても大丈夫

代行業者に依頼をかけよう

メイクアップ

化粧品の輸入は、「化粧品製造販売業許可」という許可が必要になります。これは薬事法に基づいた決まりなので、これを守らずに化粧品の輸入を行なうと罰則が課せられてしまいます。ではこの許可が無いと化粧品の輸入が出来ないかというと、そういうわけでもありません。化粧品輸入代行業者に依頼すれば、自社が化粧品製造販売業許可を持っていなくても化粧品輸入を行なえます。輸入代行業者はもちろん許可を取得しており、また薬事法に基づく品質管理や通関の手続きなども全て代わりにやってくれます。薬剤師を雇う人件費は一切かからず、また何かと手間の要る薬事申請も全く必要無いのです。化粧品輸入代行を始めようと思っている企業は、便利な化粧品輸入代行業者を利用しましょう。

現在、多くの企業が化粧品輸入代行を1つの事業として取り入れています。雑貨店や貿易会社、ネットショップなど、業種は実に様々です。それほど、この化粧品輸入代行という事業に魅力があるということです。化粧品輸入代行は、化粧品の輸入に関するノウハウが無い企業でも問題なく行なえます。なぜなら、「化粧品輸入代行業者」という、化粧品輸入の専門業者が存在するからです。化粧品輸入代行業者は国内に数多く見られるので、一度調べてみるとよいでしょう。業者によって料金形態やサービスの質、会社としての実績などが当然異なってくるので、調べた中から最も信頼のおける業者に依頼をかけるようにしましょう。

新規参入でも問題なし

メイク

化粧品OEMは、新規参入に適した事業と言えます。化粧品製造における知識や技術、つまりノウハウを持っていなくても行なえるからです。ただその場合、OEMメーカーに化粧品製造の依頼を行なう必要があります。

More Detail

メリットと懸念点

化粧する人

今注目されつつある化粧品製造のOEMメーカーへの依頼は多くのメリットを持っています。低コストでオリジナルブランドの化粧品を製造できるという点は、大きなメリットの1つと言えるでしょう。

More Detail

輸入代行の流れ

化粧

化粧品輸入代行業者は、文字通り化粧品の輸入作業を依頼者の代わりに行なってくれる業者のことを言います。化粧品輸入におけるあらゆる作業を行なってくれるので、依頼者は依頼をかけたら、あとは化粧品が届くのを待つだけでOKです。

More Detail